こんにちは。

最近気になっているのが創業以来頑張ってくれている営業車のヘッドライトの黄ばみです。

以前、友達にも『ライト磨けよ!!』と言われたのですが、どうせクリーナーかけても変わらんやろ!と放置していたのですが、夜間の走行や雨降りに視界が見辛いこと、見た目もイマイチになってきたので、ダメ元で磨いてみることにしました。

2018-01-28 09.58.20
(今回チョイスしたのはリンレイの『強力ヘッドライト磨きクリーナー』です)

2018-01-28 09.58.44

(中は原液と付属のタオルが入ってました)

始めにライト周りをよく水で洗い流した後に乾拭きして汚れを落とします。ヘッドライトクリーナーの多くは研磨剤を含むのでかえって傷ついては元も子もないですから丁寧に洗い流します。

2018-02-04 13.37.41
(作業前・黄ばみが目立ちます)

その次にヘッドライトクリーナーをよく振り付属のタオルに適量つけて磨きます。ここでやや力を入れて磨かないと黄ばみがとれないので、縦横ゴシゴシ磨いてやります。

何度か繰り返すと磨いたタオルにつく黄ばみ汚れがなくなってくるので、そうしたら不要になったタオルの綺麗な面で仕上げ拭きをすれば完了です。

2018-02-04 14.11.13
(作業後・だいぶクリアになりました)

ちなみに今回使用した強力ヘッドライト磨きクリーナーは作業後に別売りのヘッドライト&樹脂ワックスで仕上げするとより透明感が増し、長持ちするそうなので、半信半疑でトライしたらここまで効果があったので、次はワックスも追加してみようと思います。
(今回のクリーナーにもワックス効果はあるそうなのですが)

注意事項としてはこの作業はあくまで研磨なので自己責任で加減しないと思わぬキズを生んでしまうのと、ボディまで研磨しないようマスキング等したほうが安全だということを付け加えておきます!

もっとも、個人的には慣れてしまえばマスキングはしなくても作業できそうな印象ですけどね。
とりあえず作業疲れから利き腕が筋肉痛ということで、また数ヶ月後に経過を報告しますねー(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)