ハイブリ車ばかりやたら目にする理由

こんにちは。
幹事たかしま 店長高島です。

昨日、仕事の途中で愛知トヨタさんにお邪魔してクラウンに試乗してきました。以前から気にはなっていたのですが、なかなか忙しくて・・・

2014-08-27 10.03.35-1

今回試乗させてもらったのはもちろんハイブリッド!
ロイヤルサルーンの試乗車があったので、クラウンといえばロイヤル派の私にピッタリ?の一台を今回は試してみることにします(苦笑)

営業マンさんに聞いたところ7割以上の方がハイブリを選択されるそうで、高級セダンは6気筒!の概念はもはや過去なんでしょうね。クルマニアに私にとって、少し寂しい話です。でも私も直撃している昨今のガソリン高に対して、また環境配慮の流れには逆らえないのでしょう。

それに口コミなどを調べてみると、実際は4気筒ハイブリでもクラウンに関しては高級感が損なわれていないようなので・・・
ということで、この一見逆行するような乗り心地イメージを試してみました。

乗って素直な感想ですが・・・
自身が6気筒オーナーだけに、エンジンの雰囲気は正直寂しいのが第一印象でした。ただ馬力というか加速感、安定感はバツグンで6気筒3000ccの力強さをもっているエンジンだと思います。

ただ、スタート時にエンジンをベタ踏みしてエンジン音、感触を確かめると、やっぱり五感で伝わってくる感触が4気筒なんですよね。もっともスタート時は普通の待ち乗りでいえば、間違いなくモーター走行でしょうから高級車としての乗り心地をしては問題ないのでしょうね。

でもここで私の疑問はハッキリしました。
『なぜクラウンを買えるほどお金に余裕がある人がガソリン代を気にするの?』

という素朴な疑問です。
ハイブリのメリットといえば環境配慮もありますが、やっぱり1番はガソリンコストですよね。車体の元値もガソリン車より何十万円も高い訳ですし・・・

私のように多気筒の高級感を求める人も車好きなら少なくないと思います。でも街で実際に目にする新型クラウンといえば、営業マンの方の比率通りハイブリばかり。

この質問を営業の方にぶつけてみました。すると・・・
『確かにおっしゃる通りですが、6気筒を選ぶお客様は普段あまり乗らない方が多いです。(だからガソリン代を気にしない)ですからガソリンを多く消費するオーナーさんがハイブリを選ぶので、比率からしても余計に街で見かけるのはハイブリ車ばかりといえると思います。』

いやーなるほど!!
ハイブリ車ばかり目にするのは、一般論としてハイブリを選ぶ方は普段から距離を乗る!ということなのですね。今回教えてもらうまで全く気が付きませんでした。

さて、前置きが長くなりましたが重要な結論として、私のクラウンは妻と協議の結果、車検を通すことになりそうです・・・・・
私にとってハイブリとか6気筒とかそういう問題じゃなかったことだけは、今ハッキリしました。
以上、店長高島でした(トホホ)


『デキる幹事御用達のお店!!【幹事たかしま】』

★ビンゴ景品~ゴルフコンペ賞品をオーダーメイドでご提案いたします★

~まずはシーン、ご予算、人数をお知らせ下さい!~

【幹事たかしま】   ⇒http://kanjitakashima.com/

各種宴会ビンゴ景品⇒http://kanjitakashima.com/explanation1029.html

ゴルフコンペ賞品  ⇒http://kanjitakashima.com/explanation1024.html

ボウリング大会景品⇒http://kanjitakashima.com/menuindex1041.html

★公式Twitter★  ⇒http://Twitter.com/kanjitakashima